管理人
いきなりですけどプログラムの勉強って大変ですね。。。

先生
まあ、新しい外国語覚えるようなもんだからね。

管理人
私は2016年に29歳で未経験でIT業界に入ったんですけど、

先生
ほう?

管理人
フローチャートって名前は知ってるってレベルなんです。

先生
こいつまじか。。。

先生
お、思い切ったね。で、プログラミングの知識を得たいってところかな?

管理人
そうなんです。でも、勉強嫌いで・・・

先生
こいつクズか。。。

先生
じゃあ、ゲームは好き?

管理人
え?

先生
ゲームを使って勉強しようか。

管理人
ゲームで勉強できるなら頑張れそう!

ということで、IT業界に素人で入社してなんか楽に楽しく勉強できないかなと思って見つけたゲームをご紹介します。

ゲームのタイトル

そのゲームのタイトルですが『Human Resource Machine』といいます。タイトルからして結構ギリギリを攻めてるタイトルですよね。私は好きです。

どういうもの?

このゲームですが、Steamで発売されていた海外のゲームです。
内容としても新入社員として入ってきた人材をプログラミングして馬車馬のように仕事をさせるという非常にぎりぎりをせめてるゲームになってます。先に進むごとに、社員は年をとっていくんですが、万年馬車馬のように働かされているので、昇進はしてない模様・・・

これが社畜か。。。

実際のゲーム時間はこちら

何をすればいいの?

右側のプログラム部分をいろいろとカスタマイズしていき、ベルトコンベアで運ばれてきた左の矢印のとこに並んでる緑の箱(Input)を、上司の指示の下真ん中のテーブルで処理(Process)して右の矢印のところに置く(Output)。指示のとおりの答えになるようにプログラムを組んで上げてデバッグを繰り返すだけ、ただただひたすらこなす。それだけなんですが、結構面白くて勉強になる。

ちなみに今までSteam版、iOS版、Android版で販売されていました。
私はiOS版で購入したので必死に和訳してやっていましたが、今回Switch版として日本語訳されたものが発売されたようです。

気になる方はぜひやってみてください。

Steam版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です